バイクに乗って遠くに行こう!!スロットルアシスト!!

どうも!Mr.3reeです。

皆さんは長距離ツーリングをするときにこんな事で困った経験はありませんか?

「スロットルずっと捻ってないといけないから本当疲れる…」「バイク好きだけど車と違ってすっごいつかれるよねwww」

そう、バイクは車と違って悲しいことにものすごく疲れる乗り物なんです….

そんな方達に是非ともお勧めしたい物がございます!

それが「スロットルアシスト」と呼ばれるものです。

これがあるとキツイ長距離ツーリングも少しは楽になること間違いなしです!!

それでは早速紹介に移りたいと思います!!

楽に遠くへ行こう!!

「スロットルアシスト」ってなんぞ?と思う方に軽くご説明しますと、

「手のひらでアクセルを捻ることができる」というものになります。

バイクのアクセルスロットルのところに差し込むわけです。

様々なメーカーから同じようなものが出ていますが、正直どれもあまり変わらないように見えますので、

極端に安いものとかじゃなければ基本的にどれを選んでも大丈夫そうですね。

あとはそれぞれのこだわりで選ぶのもありかと思いますwww

ただ、これを買う前に1つ注意というか、確認をしておく必要がある箇所があります。

それは、自分のバイクのハンドルの太さです。

まぁ、理由は言わずともわかるとは思います。

これでスロットルを握らずともアクセルの開き具合を一定に保ち続けることが楽になる

というわけです。

次にメリットとデメリットをご説明いたします。

スロットルアシストのメリット!

ここからはスロットルアシストのメリットをいくつかあげて行こうと思います。

高速道路がすごいラクチンになる!!

これは、先ほども書いたのですが、アクセルの開き具合をスロットルを握ることなく一定に保ち続けることができるため、

速度が大体一定なことが多い高速道路での移動がらくになります。

雨の日などにアクセルスロットルが滑りにくくなる!

これも先ほどと同様な理由です。

 

スロットルアシストのデメリット…

やはりどんなものでも完璧ではありません。

悲しむべきことに、欠点というものも存在します。

なのでデメリットについてもいくつか挙げていきます。

不意なアクセルONになりかねない

これはエンジンがかかっているときに、うっかりスロットルアシストに手などが当たってしまって

特にAT車などが暴走してしまう危険性があるというものです。

待ち乗りだと使う機会は皆無

スロットルアシストは、アクセルの開き具合を一定に保つための物であるため、信号などで

止まったりなど、アクセルスロットルに触る機会が多いとせっかくのものでも役に立たないです。

まとめ

スロットルアシストは確かに便利なものです。

アクセルスロットルを常に握らなくてもよくなるため、高速道路などを使ったツーリングなどでは

とても助けられることになるでしょう。

しかし、待ち乗りが多い方にはあまりお勧めはできません。

何事も用法を正しく守って使うことが大切ですね。

さて、今回はここまで。

つぎの記事でまたお会いしましょう!!

それでは。